2017_06
14
(Wed)11:00

悩殺されそうイブピアッチェ

昨日一輪の切りバラをいただきました。
2017.6.13
s-IMG_5000k30.jpg


6.14
s-IMG_5008k30.jpg
女王様みたいなバラですね。
香りも抜群。
不覚にも前にバラ園でかいだ時はきつすぎて嫌いだーとか思ったものですが、
昨日のはそうは思いませんでした。
ただ、しあわせな香り。
あるバラの達人さんからいただいたのですけど、その方はブライダルで花嫁さんが髪につけたりするとおっしゃってました。
イブミオラよりもなんちゃらとかもおっしゃっていましたが、私の小さなバラ知識ではあんまり理解できませんでした。
ラッキーなことに珍しいというバラ苗もいただきました。
頑張って育てなくてはいけません。
花が咲いて、カテゴリーに入れることができる日を夢見てお世話したいと思います。

ところで、イブピアッチェはシェエラザードの感じに似ていると思います。
色も香りも。
そう思うのは私だけでしょうか。


以下は5月中旬のバラ園のバラです。

ゴールデンボーダー
s-IMG_4161k30.jpg


カクテル
s-IMG_4170k30.jpg


ヘンリーフォンダ
s-IMG_4177k30.jpg

ご訪問ありがとうございます。

薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
2017_05
31
(Wed)16:45

2017年春バラの開花順リスト後半

5月15日までに開花したバラは前半に書きましたが、今日は後半を書きたいと思います。
カッコ内は去年との比較です。

34.ハロー・スワロー 5.16 (New)
35.アニエス・シリジェル 5.16 (New)
36.スウィート・カバー 5.16 (遅い)
37.アイオープナー 5.16 (New)
38.レッド・レオナルド・ダビンチ 5.16 (New)
39.ジャルダン・ドゥ・フランス 5.16 (同じ)
40.レディ・エマ・ハミルトン 5.17 (早い)
41.うらら 5.17 (早い)
42.ラベンダー・ラッシー 5.18 (遅い)
43.ラブ 5.18 (早い)
44.マルク・アントン・シャルポンティエ 5.18 (遅い)
45.レオナルド・ダ・ビンチ 5.18 (New)
46.チュチュ・オプティマ 5.18 (遅い)
47.グリーン・アイス 5.19 (遅い)
48.プロポーズ 5.19 (遅い)
49.リトル・アーティスト 5.19 (遅い)
50.ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ 5.19 (早い)
51.シェエラザード 5.19 (遅い)
52.夕しぐれ 5.20 (早い)
53.カマユー 5.21 (New)
54.ギー・ドゥ・モーパッサン 5.21 (遅い)
55.ジ・アレンウィック・ローズ 5.21 (遅い)
56.バイランド 5.21 (同じ)
57.スイート・チャリオット 5.22 (遅い)
58.アルベリック・バルビエ 5.24 (New)
59.朱赤のバラ 5.24 (New)
60.ミヤコイバラ 5.25 (遅い)
61.モリイバラ 5.26 (遅い)
62.リトルウッズ 5.26 (New)
63.キングローズ 5.28 (遅い)
64.パティオヒットシリーズ 5.30 (早い)
65.夢乙女 5.30 (開花株購入)
66.ペルディータ 5.31 (遅い)
67.安曇野 5.31 (遅い)

摘蕾したバラ
*あおい (新苗のため)
*レディ・オブ・シャーロット
*ジュビリー・セレブレーション (以上2種挿し木リセットのため)

これから咲くバラ
*綾錦
*ギー・サヴォア
*ハリー・エドランド
*テリハノイバラ

咲かなかったバラ
*ナエマ
*モンクゥール
*モッコウバラ一重
*ラブリー・モア
*ルドゥーテ
*ピンクの切りバラ挿し木
*白の切りバラ挿し木
(他に咲きそうになくてリストラしたバラが4種あります。)

こんな感じです。

ご訪問ありがとうございます。

薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村

にほんブログ村
2017_05
15
(Mon)22:15

2017年春バラの開花順リスト前半

こんばんは。
5月も半分終わりました。
バラの開花、前半のリストを作ってみたいと思います。

カッコ内は去年との比較です。

 1.キモッコウバラ一重  4.24 (New)
 2.ミク  4.26 (早い)
 3.キモッコウバラ八重  4.27 (遅い)
 4.ルージュピエールドゥロンサール  4.27 (早い)
 5.パウルクレー  4.27 (New)
 6.モッコウバラ八重  4.30 (遅い)
 7.マザーズディ  5.3 (遅い)
 8.赤いバラ  5.3 (早い)
 9.赤いつるバラ  5.5 (早い)
10.エウリディーチェ  5.6 (New)
11.ディスタントドラムス  5.7 (早い)
12.ロザリュームウッテンセン  5.7 (早い)
13.ボルドーコルダナ  5.7  (早い)
14.ロイヤルサンセット  5.8 (早い)
15.アウグスタルイーゼ  5.9 (早い)
16.プロスペリティ  5.9 (New)
17.赤いミニバラ  5.9 (早い)
18.マイグラニー  5.9 (早い)
19.ソフィーズパーペチュアル  5.10 (遅い)
20.オレンジホビット  5.11 (同じ)
21.玉藻  5.12 (New)
22.オデュッセイア  5.12 (遅い)
23.クイーンオブスウェーデン  5.13 (遅い)
24.マイスタージンガー  5.13 (New)
25.レンゲローズ  5.14 (遅い)
26.シャルルドゥゴール  5.14 (早い)
27.ヤマイバラ  5.14 (New)
28.ピエールドゥロンサール  5.15 (遅い)
29.スピリットオブワンダー  5.15 (New)
30.マジェンタスカイ  5.15 (遅い)
31.アンジェラ  5.15 (遅い)
32.ノイバラ  5.15 (遅い)
33.タウゼントシェーン  5.15 (New)

後半はまた今度。

5.15
s-IMG_4213k30.jpg
ハロースワロー、プロスペリティ、デルフィニウム


ご訪問ありがとうございます。

薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村

にほんブログ村
2017_04
14
(Fri)12:29

土壌酸度計を買いました

こんにちは2

理科系苦手Kakoです。
PHとか肥料の要素とかわからない私が話をします。

ある資料によると、バラの好適PHは5.5~7です。
またある本によると、バラの理想は6.5前後の弱酸性です。

この弱酸性というのが私にとってのネックです。
PH測定器の数字が高いほど酸性度が高いのかなと漠然と思っていましたが、反対でした。
またまたある資料によると6~7が中性なので、6.5はほぼ中性と考えた方が良いのではないでしょうか。
つまり、アルカリ性側の中性を保っても良い気がします。
(追記:やっぱり弱酸性が妥当!? バラは酸性に強い)
アルカリにするには石灰を蒔くそうです。

私のバラ鉢は大体が6.2でした。

ブルーベリーの好適PHは4~5です。
強酸性です。
測ってみましょう!
s-IMG_3511k1.jpg
6.2です。
バラと一緒ですね(汗)
肥料の箱をごそごそ探していると、ブルーベリーの肥料が見つかりました。
施肥直後の数値です↓

s-IMG_3512k1.jpg
5.6まで下がりました。
すごいですね。
理想まであと少しです。

酸性にするには、硫安とかいうものがあるそうです。
肥料のN(窒素)らしいですね。

ほとんどのバラが6以上なので、気をよくして隣のバラ(センチメンタル)を測ると
s-IMG_3513k1.jpg
5.4
ありゃー、ブルーベリーよりも酸性です。
そういえば?気のせいか?センチメンタルは調子がよくないですね。
中性に戻さなくては。

PH測定器(土壌酸度計)、買うか買うまいか迷いました。
1000円台のを買おうかとも思いましたが、中くらいの3000円台のを選びました。
迷った理由はその値段で高いバラ苗が買えてしまうからです。
でもPHを駆使出来たら、枯れるバラが少なくなってお得かなとも思ったのでした。
できるかできないかは、さてーわかりません。

注: 土を濡らさないと測れません

追記:
その後、全部のバラを測ったら、数値の低いもの(酸性のもの)が沢山ありました。
何も植えていない土の数値は高いので、成長するにしたがって酸性になるのは本当のようです。
肥料のやりすぎも良くないのがわかりました。


ご訪問ありがとうございます。

薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村

にほんブログ村
2017_04
12
(Wed)22:29

タイプ別バラリスト

こんばんは。

木村さんの著書や売っているバラにはタイプ1~4を記してあります。
中には売ってても書いていないのもありますが、わかるのだけ書いてみます。
(現在私が育てているバラ)

「タイプ1」(無農薬OK)
モッコウバラ
キモッコウバラ
ミヤコイバラ
ナエマ
ラベンダー・ラッシー
プロスペリティ
アルベリック・バルビエ
タウゼントシェーン
カマユー
ノイバラ
テリハノイバラ

「タイプ2」(薬剤・肥料少し必要)
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
うらら
ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ
アンジェラ
ジュビリー・セレブレーション
レディ・エマ・ハミルトン
安曇野
グリーン・アイス
マザーズディ
スイート・チャリオット
ディスタント・ドラムス
ピエール・ドゥ・ロンサール
ロイヤル・サンセット
シェエラザード
ラブ
ジャルダン・ドゥ・フランス
アウグスタ・ルイーゼ
センチメンタル
ギー・サヴォア
モンクゥール
オデュッセイア
マイ・グラニー
ロザリューム・ウッテンセン
レディ・オブ・シャーロット
レオナルド・ダ・ビンチ
エウリディーチェ
マイスター・ジンガー
パウル・クレー
アニエス・シリジェル
シャルルドゴール(本のシャルルドゥゴールはtype3)

「タイプ3」(薬剤・肥料必要)
ギィ・ドゥ・モーパッサン
ハリー・エドランド
ソフィーズ・パーペチュアル
ジ・アレンウィックローズ
アイオープナー

「タイプ4」
ありません

感想:
タイプ2がほとんどです。
本に「あなたが選ぶのは?」と書いてありますが、
ハーイ、私は1か2です。
できれば1です。
3は将来生存の自信がないかなぁ。
でもナエマが1なのが意外。
肥料をやっても絶ってもうまく育ちません。


ご訪問ありがとうございます。

薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村

にほんブログ村
2016_12
31
(Sat)15:22

バラのクロスステッチ計画

こんにちは。

s-IMG_2290k1.jpg

今日は大晦日。
皆様にとってどんな一年でしたでしょうか。
私は「」い年でした。
赤いバラ、赤いミニバラ、オデュッセイアがよく咲きました。
カープの優勝、それに真田丸の赤。

庭の大変革もありました。
南側にどどーんと家が建ちました。
日が当たらなくなって、葉も落とせなくなりました。
来年はますます花つきが悪くなると思いますが、
私なりに小さいバラを育てたいと思います。
できれば毎日更新したいと思うのでまた見に来てくださいね(^^♪


ブランケット第2弾
s-IMG_2291k1.jpg

s-IMG_2292k1.jpg
思うような大きさになりませんでしたが、
毛糸がなくなったので一応ストップです。
全部USEDの糸を使いました。
母が孫のために編んだものを自分でといてくれました。
娘たちははたして自分が着ていたものだと気づくでしょうか。

来年は小さなクロスステッチに取り掛かりたいと思います。
バラを探してみたら、
The briar rose, also known as eglantine,
s-IMG_2294k1.jpg
イギリスのクロスステッチの本です。
eglantineという野バラがあるのですね。
文は省略しますが、dog roseよりpinkerなようです。

かわいいけどチャートが見にくいのでこれは却下かも。

次の候補(別の本)
s-IMG_2295k1.jpg
こちらのチャートの方が見やすかったです。

同じ本より
ドッグ・ローズ(ロサ・カニナ)
s-IMG_2296k1.jpg

カナリーバード
s-IMG_2297k1.jpg

赤いバラのモデルはなかったです。
私は、「アイオープナー」のようなバラかなと思います。
これらのどれかを刺したいと思います。
いつもやる前は全部!と思うのですが、
結局一つで終わってしまう場合が多いです。
色を変えてピンクでも良いかもしれません。

それでは皆様良い年をお迎えください。

ご訪問ありがとうございます。

薔薇(バラ) ブログランキングへ

にほんブログ村

にほんブログ村