FC2ブログ
2016_01
08
(Fri)12:43

1月のジュビレデュプリンスドゥモナコ3

こんにちは。
今月3回目になるジュビレ~の紹介です。


Jan. 6, 2016
s-IMG_9421.jpg

s-IMG_9422.jpg



Jan. 7, 2016
s-IMG_9436.jpg



Jan. 8, 2016
s-IMG_9445.jpg

s-IMG_9446.jpg

s-IMG_9447.jpg
ついに今日からうちの中へ入れました。

Jubilie du Prince de Monaco

モナコ公国の故レニエ三世大公の即位50周年記念品種です。
そう言えば、同じような名前で私も持っているのに、
Jubilee Celebration
があります。
こちらはエリザベス女王即位50周年を記念したもの。
ジュビレ(ジュビリー)には即位50周年という意味があるのかもしれませんね。
ただ、そのまま翻訳サイトにかけてみると・・・
「モナコの王子の喜んでください」
とか
「モナコの王子のジュビリ」
とかが出ます。
まだ最初の方がマシですかね。
(フランス語として訳しました)

バラ大図鑑を見るとあれ?と思うことが二つあります。
ひとつは、
ジュビレ・デュ・プランス・ドゥ・モナコ
発音の関係でしょうか。
もう一つは、Fではなくて、Grになっていること。
グランディフローラと読みます。
HTとFの交雑によって誕生し、大輪花を房でさかせる、という事です。
私は持っていませんが、「クイーン・エリザベス」が有名だと思います。
そして私が持っているものでは、「ジュビレ・・・」と「ラブ」です。
どちらも優秀だと思います。




にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。

 ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコで、もう一つ不思議だなって思うのが「デュ」っていう文字です。
「ドゥ」との使い分けって分かりますか?
1つの名前に「デュ」と「ドゥ」があるのだから、違った意味合いなんでしょうね。

グランディフローラというの、知りませんでした。
「HTとFの交雑によって誕生し、大輪花を房でさかせる」ってそういうことも全然分からなくて・・・

私は誘引してるバラは全部つるバラってひとまとめに言ってますが、そのほとんどはシュラブだと思います。
半ツル性とか、半横張り性とかの違いもよく分からなくて・・・
恥ずかしながら3年前にローズコンシェルジュの通信教育やったのに、ほとんど何も頭に残ってなくて・・・(汗)
ま、綺麗なら何でも言いかって開き直ってます。(笑)

2016/01/09 (Sat) 08:29 | バラ好きけいこ | 編集 | 返信

追伸

 先日のレンゲローズって八女津姫のことだったんですね。
それなら苗を見かけますね。

でも、ああいうお花だったって知らなかったんです。
可愛いお花ですね。

2016/01/09 (Sat) 08:34 | バラ好きけいこ | 編集 | 返信

No title

バラ好きけいこさん、こんにちは。
調べてみました。
de(ドゥ)は英語のofに相当する、of theというようなニュアンス。
du(デュ)=de + le の省略形。
leは男性名詞の単数に付ける
のだそうです。
一文字でも増えなくて良かったわ。

ローズコンシェルジュの通信教育やったんですね。
すごいな~

八女津姫は見かけるんですね。
反対に、わたしは八女津姫は見かけたことがありません。
不思議!

2016/01/09 (Sat) 17:24 | Kako | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント